任意の自動車保険について

自動車保険は大別すると2つの種類に分類されます、一つ目は自賠責保険というもので、これは強制的に加入が求められるものです。
自動車やバイク、原動機付自転車を運転する場合には、必ず加入をしなければなりません。
よって、この保険は強制保険と呼ばれることもあります。

もしもこの自賠責保険に加入をしていない場合には、罰則もあるので注意が必要です。
それに対しててもう一つの自動車保険、それが任意保険です。
この保険は強制的に加入を求められるものではありません。

しかし、大部分のドライバーがこの任意保険に加入をしています。
なぜこの任意の保険に加入するかと言えば、誰しもが交通事故を起こしてしまう可能性を否定することができないからです。
場合によっては事故の相手である被害者にけがを負わせてしまうこともあります。

そしてもしその相手を死なせてしまったり、後遺症が残るような状態にしてしまった場合には大変高額な賠償金の支払いをしなければならなくなることもあるのです。
億単位の賠償額を要求されることも、決して珍しいことではありません。
自賠責保険に加入していても、それだけではこの多額の賠償金を支払うことは不可能です。

よって、もはやこの任意の自動車保険に加入をすることは当然のこととなっているのです。
任意保険に加入していれば交通事故による賠償金のみならず、自分自身が負ったケガの治療費や事故によって破損してしまった車の修理代等も保険会社からの給付を受けることができます。